CD「しあわせなら手をたたこう」発売記念、木村利人先生とのジョイント「おはなし&コンサート」が開催されましたエクステンション当日は、春分の日にもかかわらず、雪が舞う寒さ雪。それでも会場のお茶ノ水OCCホールは、温かい雰囲気で包まれ、会場一杯の方々と共に素晴らしいひと時となりました!!木村利人先生と御一緒のイベントができて、「しあわせ」でした!きらきら

坂本九が歌って大ヒットした「幸せなら手をたたこう」拍手。海外でもそれぞれの国の言葉で広く歌われています♪。なので、てっきり外国曲と思っていましたが、なんと日本人の、しかもクリスチャンの方が書かれた曲だと知って驚きました。

その作者が、木村利人先生。早稲田大学名誉教授で、生命倫理学の大家です。木村先生より、この曲の誕生秘話をしっかりと語って頂きました。

私も、色々な国の言葉で歌ってきましたが、この曲が「赦しと和解」から誕生し、しかも平和への祈りがこめられ歌とは知りませんでした。しかも、聖書の詩編47編とエペソ書の2箇所から、詩が作られたとは・・・まさに信仰の詩だったのですね四葉のクローバー

詳しくお知りになりたい方は、ぜひCD[しあわせなら手をたたこう]をお買い求め下さいねheart

私も平和への祈りをこめて歌わせていただき、中身の濃い充実した会となりましたキラキラ。本当に良い会となったので、この「おはなし&コンサート」を全国展開できたら良いなぁ〜と思わされました拍手。まずは、大阪で開催できますようお祈りしたいと思います。

このブログを読んで下さっている皆様にも、神様からの「しあわせ」が届きますように音符感謝拍手

 

コメントはこちらへ
Comment