この日は、信徒フェスティバル30周年を記念してのコンサート。長岡リリックホールには、午前中のコンサートであるにも関わらず、たくさんの方々がお越しくださいました。10年前、信徒フェスティバル20周年にもお招き頂きましたが、その時は柏崎聖書学院を会場にコンサートをさせて頂いたことを思い出します。海辺でしたので、蚊と闘いながら〜汗準備したことを覚えていますが、とっても良いひと時だった印象があります。今回は、こんな素敵なホールで、いっぱいの方々と賛美できて幸せでした。♪

このコンサートは、中越地震10年目を記念して、また新潟地震50年目をも記念しての意味をもったコンサートでした。なので中越地震、中越沖地震の被災地を回った思い出を振り返りながら、歌い語らせ頂きました。
一つのエピソードを…きらきら
2004年の12月頃だったでしょうか。ある男性が、コンサート後に来られて、白い封筒を手渡されたのです。
その方は、刑務所から出所された方でした。
「今、仕事が与えられ、まじめに働いています。これは最初にもらったボーナスです。きれいなお金です。これで、中越地震で苦しんでいる方々のところに行って、励ましのコンサートをしてください」
とっさに返事ができなかったです。その方にとって、どれほど大切なお金だったでしょうか…それを中越地震で苦しんでいる方のために捧げられたとは…感動して、言葉が出ませんでした。
そのお金をもって新潟に行き、被災者の方々へ歌いました。尊いお金は、山古志村復興対策本部に直接お渡しすることができました。中越地震…それは悲しい出来事ことですが、同時にその方のお心が愛となって被災地の方々に届いた時でもありました。


コンサートのラスト曲を歌い切ると、子供たちが花束をステージに持ってきてくれました。
拍手と共に受け取ると、もうひとつ、何やら封筒のようなものが・・・
見ると、「目録」と書かれています。大きな拍手と共に、笑顔を楽屋に戻り、「目録」を開くと・・・
「魚沼産コシヒカリ 10圈‖D茵の文字が!?さすが新潟!!大笑いしながらも、準備委員会の皆様のお心が沁みてきて、うれしかったですDocomo_hart新米、楽しみにお待ちしていますエクステンション

 

コメントはこちらへ
Comment





   

Archive

Profile

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Search

Other