もう7〜8回お招き頂いている加古川刑務所のコンサート。今回は、2011年の2月ぶりに慰問コンサートをさせて頂きましたカラオケ。ここは、ステージの袖が楽屋になっていてトイレも暖房もあり、古い刑務所と比べて随分出演者にはありがたい会場です。
刑務所では本番の写真が取れないので、リハーサルの時の会場の様子をご覧くださいね↓

本番30分前からは、「繰り込み」と言って受刑者が入ってこられますが、刑務官の方々の大声も聞こえてきて、ピリピリした空気が伝わってきます。そんな時です!なんと電源コードが何故か抜けてしまって、すべての電気が落ちてしまったのです悲。それでも岡さんが大慌てで復旧してくださり、事なきを得てコンサートが始まりましたぴのこ:)
ところが〜いつもならほとんどの曲のバックに映像が出てるはずなのですが、何も出ていないのです汗。おかしいなぁと思いながらも、収容者の方々の食い入るような眼差しを浴びながら歌っていましたマイク
 この日のコンサートは2本のDVDをお見せする予定。「ではスクリーンをご覧ください」と言って、一旦袖に入ったのですが、やはり音声は出ても映像は出ていないDoCoMo。。。しかも岡さんの所から、ステージのスクリーンが見えないので、映像が出ているかどうか、岡さんはわからないのですちゅん。焦りましたがどうしようもないので再びステージに出て、「映像が出ないので、その分心を込めて歌わせて頂きますね」と言いましたら、収容者の方々から割れんばかりの拍手が起こったのです!拍手。いやぁ〜感動しましたハート。そして収容者の方々の温かい応援に支えられ、心から歌うことができました。映像が無い分、800人の収容者全員の瞳が一身に集まってきます。映像が出ないハプニングが、かえって会場を一つにして、感動のコンサートになりました。
後半は映像も復旧し、2本目のDVDはちゃんとお見せすることができました手。収容者の方々の涙が、ステージからでもわかって、本当に嬉しかったです。ハラハラはありましたが、結果的には忘れられない感動に溢れたコンサートになったこと、ただただ感謝です。どうかこのコンサートが、収容者お一人お一人の心に刻まれ、新しく生きるきっかけとなりますよう心から祈ってやみません感謝。またこのような機会が開かれますよう心から願いつつ、所の皆様にも深く感謝申し上げますニコッstar
 


Archive

Profile

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Search

Other