ついにこの日が来ました!スイス・日本国交150周年記念のレセプションが開催され、そこで歌うことになったのですエクステンション。会場は、ウエスティンホテルのローズルームバラ、1千坪ある大パーティ会場です。私に与えられた時間は、オープニングの15分。
たった15分で、パーティのトップで、しかもほとんどの方が私のことを知らない中で、一体何を歌い、何を話せばよいでしょうかお願い。出演が決まってから、ホントーに悩み、祈りました。そして・・・結局主催者様からのリクエストで歌うことになった曲が、なんと「アルプスの少女ハイジ」の「♪おしえて」ですびっくり。うわぁ懐かしい〜!と思われた方も多いと思いますが、案外この曲は難しくて、しかもヨーデルまであって、わずかな期間で修得できるかなと不安でしたゆう★でも、神様が導かれた曲だと信じて練習!岡さんは、アニメのDVDを借りてまで映像を作成して下さって、素敵なバック映像が完成しました。
当日、ウエスティンのスタッフの方々も本当に良くしてくださり、準備が着々と成されます。リハーサルを終え、衣装に着替えてスタンバイ。お客様は経済界のトップの方々がばかりで、雲の上の方々です。でも、神様がこの機会を与えて下さったのなら、私に役目があるはず、そう信じて祈りつつステージに上がりました♪

歌い出すと、驚くほど平安で、楽しくて、会場中を不思議な何かが包んでいるように感じました。神様が共に歌って下さっている…そう実感しながら、感謝しつつ歌いました。「おしえて」から「マザーテレサの祈り」、最後は「花は咲く」とトークと共に語り歌う中で、聴いて下さっている方々の心がつながっていくような、そんな温かさを感じました。ハート

歌い終わってステージを降りた後、なんだか1ステージ終えたかのような重量を感じましたが、歌い切った充実感もありました。
ディナーになってから、各テーブルに御挨拶に行かせて頂いた時、
「忘れていた何かを思い出したよ」「心が洗われるひと時だった」「大人になりたい…エチオピアの子供たちの夢は一生忘れない涙が出た」etc…たくさんの言葉を戴き、改めて主が支えて下さったことを実感して御名をあがめました。
小さな者を用いて下さったUBS銀行のH様はじめ、背後でお支え下さった皆々様にも感謝でいっぱいです。この出会いが、何かに繋がっていきますよう願いつつ、また一日一日頑張っていきたいと思わされました。
まるで夢のような一夜…その夜は、なかなか寝付けませんでした☆


Archive

Profile

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Search

Other